複雑な占術方法を用いるような当たる占い師の話は信用できる!?

占いというと、生年月日から算出したものや姓名判断などが代表的です。しかしこれは、まったく同じ生年月日だったり、名前の画数がまったく同じ数の人が同じ運命を生きるかと言ったらそうではありません。九星気学という占いでは、八白土星や七赤金星などと分かれいて、生まれ年によって分かれています。

では、同じ学年の人たちがみな同じ運命なのか、といった疑問があります。生年月日にプラスして、産まれた時間や産まれた場所もあわせて占うホロスコープであったら、もうちょっと信憑性があるかとは思います。私はアメリカの大リーグで活躍した日本人選手とまったく同じ生年月日なので、なおさらそう思うのです。

占いは統計学のようなものだと思うので、運命の好不調などのバイオリズムは似たようになるのかもしれません。そういった傾向があるというのは信じることはあります。しかし占いに翻弄されすぎて、大殺界だから天中殺だからといった理由で、したいと思った行動を制限しないようにしています。

実際に私は大殺界の時に転職しましたが、希望通りの条件で環境の良い職場へ転職できましたので、なおさらそう思っています。占いは悩んでいるときは、必要以上に信じてしまい翻弄されがちです。私も若いころは恋愛でとくに占いに傾倒していた時期があった経験があります。

毎日ネットで恋愛運を検索して見て一喜一憂していたり、今はこの運勢のバイオリズムだからこうなんだ、などと翻弄されていました。しかし、年を重ねていろいろな経験をすることによって占いに頼ることは無くなりました。その時々で助言を得て自分で取捨選択をする、というようなスタンスで占いを利用するというのが良いのではないかと思います。